ホームセンターでパート中~。 スコちゃんとヨーキーを飼ってるよ♪ 職場ネタ、家族ネタ丸出しブログ。笑ってちょうだい★
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


★私が思うこと
2013年01月19日 (土) | 編集 |
ちょっと真面目な話題。


別に議論するつもりはないんだけど…





体罰顧問は土下座した…涙して擁護するOBもいる桜宮バスケ部顧問の「素顔」


産経新聞 2013年01月19日15時42分

大阪市立桜宮高校(大阪市都島区)で、男子バスケットボール部主将だった男子生徒(17)が顧問(47)から体罰を受けた翌日に自殺した問題は、橋下徹市長が「体罰ではなく暴力」と怒りをあらわにし、同校の教員総入れ替え人事を市教委に迫る事態に発展している。だが、「体罰は愛情の裏返し」「マスコミは真実ではないことを書く」と涙を流して顧問を擁護するOBもいる。長年、黙認されてきた顧問による体罰は、教え子たちにとって単なる「暴力」だったのか、それとも「愛情ある指導」だったのか-。

 ■「暴力教師」納得できない

 「生徒が亡くなったので全面的に擁護はできない。でも、体罰の裏側には愛情があった。先生が暴力教師のように報道されていることに納得がいかない」

 約10年前に顧問から指導を受けていた同校OBの男性は現在の職場で取材に応じ、無念さをにじませた。

 顧問は体育系の大学を卒業後、平成6年4月に保健体育科教諭として採用され、同校のバスケ部顧問に就任した。平成15年以降、全国高校総体(インターハイ)に4度、同部を導き、新人大会中央大会(大阪府大会)でも20、21、23年度に優勝している。

 こうした実績から優秀な指導者として全国的にも知られ、16歳以下の男子日本代表チームのアシスタントコーチを務めたほか、大阪高校体育連盟バスケットボール専門部の技術委員長としても活動していた。

 同校を“常勝校”へと育て上げる中で、顧問は生徒にたびたび手をあげていたが、長年、部内や学校で問題になることはなかった。保護者の1人は「下級生は決してたたかず、上級生をたたいていた。気合をいれるためだと理解している」と話す。

 OBの1人も「先生にたたかれたときは、練習に身が入っていないなど自分自身に問題があった。先生からはフォローもあり、うまくいったときには『おめでとう』『ようやった』と声をかけてくれた」と振り返る。

 現役部員も顧問への尊敬の念を言葉にする。

 「先生はバスケの指導がズバ抜けていたが、高校生としてどうあるべきかを教えてくれた。それは人としての気遣い。道を聞かれたら教えるだけじゃなく、一緒についていってあげるとかを教えてくれるような人だった」

 ■「しかられ役」作り引き締め

 「試合前には選手のメンタル面にも気を配りたい。そこで重要になるのが、選手たちにかける言葉だと考えている」

 顧問は平成18年、バスケの専門誌に自身の指導法についてこう述べている。顧問は「勝利へ心ひとつに」というキーワードを挙げ、仲間のミスを全員でフォローすることを意識した練習に取り組み、チームの結束力を高めていることを明かしている。

 だが、専門誌では触れられていない指導法があった。OBによると、顧問は特定の生徒を「しかられ役」としてより一層厳しく接する手法で、チーム全体を引き締めていたという。

 自殺した2年の男子生徒は昨年9月、立候補する形で主将に就任。学校関係者によると、顧問は生徒に対し「主将はいやがることも率先してやるべきだ」など、主将としての理想像を生徒に対し繰り返し伝え、「リーダー」に関連する参考書なども買い与えていたという。

 体罰も生徒に集中していたとみられており、生徒が自殺数日前に顧問宛てに記した手紙はこのような趣旨の記載があった。

 「ほかの人が同じようなこと(ミス)をしているのに自分だけがしかられる」「たたかれ、つらい」

 12月24日夜に行われた生徒の通夜。唇が切れた生徒の遺体を前に、母親は顧問に「これは指導か、体罰か」と問いただした。顧問は消え入るような声で「体罰です」と数回繰り返した。

 顧問は立っていられない状態で、校長らが抱きかかえて退出しようとしたが、顧問はそれを振り払って土下座した。校長らも一緒に土下座した。

 ■「体罰が人格ゆがめた」

 市教委が生徒の自殺を公表した今月8日以降、メディアは市教委や学校関係者への取材に基づき、顧問の体罰を連日報道。市教委は同校バスケ部や、別の体罰が発覚したバレーボール部の無期限活動停止を決めた。

 「マスコミは先生やバスケ部の真実を知らないまま報道していて許せない」。こうした事態にOBの1人は大泣きしながら訴える。OBの中には、顧問に対する処分軽減を求める嘆願書提出を検討する動きも出ている。

 顧問に対して批判とともに広がる擁護の声。だが、教育評論家の尾木直樹氏は「体罰は法律違反。教育の場だけ認められるのはありえず、議論の余地がない」とした上で、「体罰をありがたがっている卒業生もいるようだが、それは、私は、人格をゆがめて卒業してしまっているのだと思う」と厳しい見方を示す。

 今回の自殺を受け、「部活動からの体罰一掃」を宣言している橋下市長もこう切り捨てた。

 「教員、生徒や保護者の意識の積み重ねでできた伝統が体罰を黙認して、生徒が命を落とした」






永遠のテーマかもしれんけど

「マスコミは真実ではないことを書く」

これに私は腹立たしい。

事実と違うことで世論が大きく動くことがあるとしたなら
本当の加害者や被害者は誰?という話だよなぁ~~


line40-5.gif


さぁ明日は仕事5時まで!

頑張ってくるわ~~




コメント
この記事へのコメント
真実と事実は別物ですから。
生徒が死んだ。
体罰があった。
体罰が集中していた。
と事実は書かれていますけど、それぞれの裏事情というか、背景的な部分を汲み取ることで真実が浮かび上がるんでしょうけど、そこには踏み込まないで、視聴者の興味をひくような扇情的な方向で報道するから、体罰が原因なら、顧問が悪い、と暴力教師報道になるのでしょうね。
真実を追求するには手間と時間がかかるから、短絡的な報道になっているのかも。
2013/01/20(日) 06:29:57 | URL | 名無しさん #-[ 編集]
★お返事です★
名無しさんへ
真実を追求するには手間と時間がかかるのは理解できます。
だからある程度は仕方ないのかもしれないけど
永遠のテーマかもしれませんが
やはり社会の興味をひくために湾曲されたり誇張されたり、或いは報道されない部分があるのなら
本当にこれは大変なことだと思いました。
2013/01/20(日) 07:19:41 | URL | まるこ #E0lIGxyY[ 編集]
最近のマスコミは、受けねらいが多く、真実の報道、自己主張が少なくなったように思います。私も。委員会にいたとき、発言を、都合のよいように歪曲して報道されたことがあります。以来マスコミの言ってることは半分しか信用しないようにしています。
2013/01/20(日) 12:02:34 | URL | よたろう #-[ 編集]
★お返事です★
よたろうさんへ
よたろうさんもそんなことがおありになったのですね。
視聴者や読者の興味をそそるような内容に変えてしまうところもあるのでしょうね。
でも言われた方は一般人であれば
まずそれを否定したり弁明したりして、或いはそれを大きく公正に表現できる場が極端に少ないのも辛いことですよね。
2013/01/20(日) 18:20:20 | URL | まるこ #E0lIGxyY[ 編集]
まるこさん、こんばんは!お久しぶりです。
遅くなりましたが、みるちゃんのご成人、おめでとうございました。v-308
とても綺麗で可愛らしい振袖ですね!頭の飾りも、とっても素敵!
兄弟で、ネイルの雰囲気も違うのね。
ところで、体罰の件ですが・・・難しいよね。
実は、家の長男が中学のバスケ時代、同じようなことがあったの。
息子は万年補欠だったのだけれど、キャプテンになった子が、顧問の先生がみんなの前できつく叱った事から、不登校になっちゃって・・・。
お母さん、すごく悩んであった。高校入試に響くから、受ける高校も苦労したみたいで、でも元々頭もよかったので、無事に合格できたようでした。
息子たちの時代のバスケ部は、県4位くらいの強いところで、私も子供のことをとても心配しました。うまく立ち回れた子供の親御さんは、今でも先生に対して感謝されているけど、私は・・・・?です。
試合に勝つということと、命、どちらが大切?って、私は、言いたいです。
2013/01/20(日) 18:40:00 | URL | ロマンハート #-[ 編集]
★お返事です★
ロマンハートさんへ
ロマンハートさんもそんな体験をされたお知り合いがおられたのですね。
さぞかし親御さんも大変な思いをされたことと思います。
家で話してたら、うちのみるも部活で顧問の先生にビンタされたこともあったという話も出ました。
まぁ、同じミスを繰り返しすぎてたらしく
本人も納得していたようですが。
結局は相手もこちらも人間で、
みんな考え方や受け取り方も様々で、それが当たり前で、
自分の考え方ややり方が全ての人に合ったり
受け入れられるとは限らないということを
特に指導者の立場である人も頭に入れて接しなくてはいけないかなぁとは思いました。
ちなみに私も負けず嫌いなくせに打たれ弱いほうなので
こういう状況に立たされたらどうなるんだろう…と思ってしまいます。
2013/01/20(日) 21:18:35 | URL | まるこ #E0lIGxyY[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。